金融オンチのママだった私が1年間お金の勉強をして人生が前向きになった話

スポンサーリンク

こんにちは、Nozomi(@nozomix1986)です。

30歳になって一念発起しIT系広報だった私が4年の育児ブランクを経て選んだ復職先は金融教育のフィンテック企業のバックオフィス兼広報でした。

というのも、子供を育てる上でお金の問題は避けられないのに、

「お金のことって難しくて苦手」「でも子供にはちゃんとお金の教育をしたい」

という思いが強く、お金が分からないままのママを脱したいと思ったからです。

お金の勉強をして変われた

それから約一年、仕事で必要だったのもあり必死に勉強しながら、周りのスタッフに教えてもらいながら、家計の見直しや投資を実践していく上で変わった事が二つあります。

経済の基本が分かって未来を悲観しなくなった

バブル崩壊直前の86年生まれの私は景気が良い世の中を知らずに育ちました。

そして2008年に始まった就活もリーマンショック直後で氷河期再来。どこかに受かりたくて受かりたくて震えていました。。汗

やっと社会人になれたら次は「老後難民」や「年金もらえない世代」とメディアに煽られまくり不安だけが募る日々。ただだた「将来のお金のことが不安」とだけ頭にモヤモヤとありました。

でも経済の基本を学び「経済は四季のように循環する」ということを知り、景気が悪い時はずっと続かず、良い時もあれば悪い時もあるのだと考えられるようになると、自ずと未来に対して悲観しなくなりました。

意外と「経済は循環する」って知らないものですよね。

そのことを知れただけで心がふっと軽くなるものなんです。

やるべきことが分かって漠然と抱えていたお金の不安が消えた

そして何より「投資」について学べたことで、自分がやるべき事がわかり、不安も消えていきました。

お金の不安って「何をすれば良いか分からないこと」が根源にあると思います。
なので、自分1人だけでは解決できずに不安だけが膨らんでいくものだと思います。

私の場合、

非課税制度のiDeCoをスタートし、同じく非課税制度のつみたてNISAも近日中にスタートする予定です。

ふるさと納税も始めました。

今年はふるさと納税の返礼品の旅行券を使って家族旅行をしたいと計画しています。

私が実践している投資については別の記事で詳しくご紹介させていただきます。

投資は社会と自分への投資であり社会貢献だと気付いた

さいごに私が金融を学んで一番よかったなと思うことは、

「投資をする」=「世の中を主体的に生きられるようになる」ということです。

「投資」って、何かに期待をしてサポートする事でもあります。

投資を受けたいとい思う「人」「モノ」があり

投資をサポートする人が「おカネ」や「労力」を費やし

その先に何らかの形で「リターン」がある

私には5歳と2歳の2人の娘がいます。親としてまだまだ未熟ですが、子育ての目標の一つとして、

「人を思いやれて、のびのびと人生を歩んでいける子供を育てて社会に還元すること」

を頭に置きながら日々育児に奔走しています。

だからこそもちろん子供の教育には投資するし、社会や環境が良くなるサービスや研究や施設にも投資して、社会全体が良くなることを期待しています。

自分の生活における全ての選択が「投資」と考えられるようになったので、

自分が本当に価値があると思うものを見極め、
それに投資し、
世の中を良くしていきたいと思って行動していくことが大事

だと信じています。

この国や社会をつくっているのは私達自身なんだ自覚できたことで、子ども達や自分たちのために、この世の中をさらに良くできるよう主体的に生きていきたいな、と思うようになりました。

金融や経済、特に投資は一見難しく、勉強するにも実践するにも敷居が高いものに思いがちですよね。

でも、投資の大きな概念は実はとてもシンプルで、

この世の中を良くしたいと思って行動する事でいつか自分にかえってくものだと思います

という事で、明日という1日が良くなりますようにと思いながら今日も一日過ごしたいなと思います。

(と言いつつ家でゴロゴロしながら好きなドラマをみてお菓子を食べるのが大好きな自分がいますが、そんな時は視聴率とお菓子メーカーの売り上げに貢献していると思って。笑 子育てに息抜きは大事ですもんね!息抜きさえも投資だと思っています。)

【関連人気記事】
・ママになったら知っておきたい一番簡単な教育資金作りの方法
・投資初心者ママにまず知ってほしい2つの基本「長期・積立・分散」とリスクとリターンの関係

お知らせ
【金融教育関係者やお子様にお金の教育を始めたい方向け】
投資を学べるボードゲーム「Riskn×Taken リスクンテイクン」がamazonで発売を開始しました!

クラウドファンディングMakuakeで資金調達に成功し開発・発売に至りました。金融や投資を楽しく学べるボードゲームを作ってみんなのお金の悩みを改善したい!という想いで株式会社Good Moneygerが開発し、私は金融教育アンバサダーとして開発にも携わらせていただきました。
難しくて敷居が高く感じる投資も、このボードゲームで遊びながら学べるのでオススメです。是非遊んでみてください。 

スポンサーリンク

スポンサーリンク







スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください