元駐妻が現地で調べたシンガポール留学で人気な学校とは?!

スポンサーリンク

こんにちは、Nozomi(@nozomix1986)です。

ここ数年シンガポールへの教育移住がとても増えていますね!
シンガポール に住んでいた時も東京に本帰国しても日本人のシンガポールへの留学熱を実感しています。

シンガポールで思ったことは、とにかく緑と学校が多いということ。

シンガポールは資源がないことから国の発展のために、高い水準の教育機関を作り世界中から優秀な人材を集め、また教育環境を整えるために計画的な緑化政策が行われたそうです。

将来的にお子様のシンガポールへの留学を考えている方、または親子で教育移住を考えている方へ向けて私が現地で見て聞いて実感した「日本人に人気のある学校」をいくつかご紹介させていただきます。

シンガポール留学で人気な学校4選!

UWC SOUTH EAST ASIA

シンガポールに留学されるお子様で圧倒的人気を誇る学校といえばココ!

UWC SOUTH EAST ASIA(ユーダブルシーサウスイーストアジア)です。

シンガポールでDover Campus(ドーバー校)とEast Campus(イースト校)と2箇所に校舎を設けています。

UWCってどんな学校?

UWCとは
ユナイテッド・ワールド・カレッジ、本部:ロンドンは、世界各国から選抜された高校生を受入れ、教育を通じて国際感覚豊かな人材を養成することを目的とする国際的な民間教育機関です。現在までに、イギリス、カナダ、シンガポール、イタリア、アメリカ、香港、ノルウェー、インド、オランダ等にカレッジ(高校)が開校されています。(引用:UWC日本協会)

カリキュラムはIBを採用、世界中にとても優秀な卒業生を輩出している学校です。
なんと現在の会長はヨルダン王妃、前会長はネルソンマンデラ氏!それだけでもこの学校が超国際的なトップレベルの学校だということが分かりますね。

高校生の時にとても尊敬する知人の方がUWCに留学していたことからその存在を知りました。

現在、日本からは経団連が奨学生を送り出してくれています。詳しくはコチラをご覧ください↓
公益社団法人ユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)日本協会

実は私も高校生の時にこのUWC奨学生選抜試験を受けました。そして落ちました(笑)

UWCで学べる数少ないポストをめぐって全国から高校生が応募し、成績ともに優秀な日本代表の高校生が送り込まれるので納得の結果(笑)でしたが、これを機に将来への目標が出来た良い経験になりました。

UWC入学を目的にシンガポールに教育移住される方も多いと思います。

ですが学費とシンガポール生活費を考えると一般的な日本のサラリーマン家庭では非常に厳しいものがあります。。
 
ですがここで朗報!2017年に日本にも待望のUWC加盟校が設立されました!!
 

日本初のUWC加盟校!UWCインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(UWC ISAK)

発起人の小林りんさんが中心となり設立に向けて奔走された結果2017年に見事開校されました。

大学時代から小林りん(Twitter)さんを知り尊敬していたので開校された事を知りとても感激しました。

ただし日本とはいえ、UWC ISAKは全寮制という事もあり学費も寮費も結構な金額がかかるようです。

ですが下記のページを見ていただければわかるように経済的に難しい家庭の場合には奨学制度しっかり用意されているようです。
UWC ISAK 学費・学資援助について

もちろん入学は簡単ではないでしょうが、子どもの将来の選択肢として、こういう道もあるというのを提示してあげるのも親としてできる事かもしれません。

GEMS World Academy (Singapore)

まだ設立されてから数年と歴史は浅いですが、コチラも日本人に人気なようです。

日本人担当者も常駐されているという日本人にとっては有難い環境が整っているのもポイントなのかもしれません。

GEMSに関する詳しい日本語の資料もネット上で公開されているので詳しくは下記PDFをご覧ください。
GEMS WORLD ACADEMY -日本語学校案内-

【詳しい情報は<シンガポールの教育情報 Spring>をご参照ください】
GEMS World Academy (Singapore)案内ページ

Canadian International School Singapore

私の周りの駐在員のご子息で通われている方が多かったのがこちらのカナディアンインターナショナルスクール。東京品川にもあるカナディアンインターナショナルスクールのシンガポール校です。

残念ながら見学する機会を逃して本帰国してしまいましたが、見学の模様を掲載されている方がいらっしゃったのでご紹介させていただきます↓

シンガポールのカナディアン・インターナショナルスクールへお邪魔してきました。

【詳しい情報は<シンガポールの教育情報 Spring>をご参照ください】
Canadian International School Singapore案内ページ

ISS INTERNATIONAL SCHOOL

ISS(インターナショナルスクールシンガポール)は1981年設立で、シンガポールのインターとしては非常に歴史が長く、様々な国籍の子達が集まっている学校です。

デング熱に関する記事で蚊の研究をしている青年として紹介した田上大喜さんもシンガポール在住時代はこちらに通われていたそうです。

【詳しい情報は<シンガポールの教育情報 Spring>をご参照ください】
ISS INTERNATIONAL SCHOOL 案内ページ

以上、実際に私が現地で聞いたり調べた情報から厳選してお伝えさせていただきました。

シンガポールは教育大国なので学校の選択肢が多すぎるというのが嬉しくも大変な悩みでもあります。
日本から留学を考えている方はまずは日本から見学ツアーを申し込み実際に見て回れる事をお勧めします。

子どもの英語レベルや学校の方針や雰囲気に合わせて良い学校選びができますように。

スポンサーリンク







スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください